アラフォー女性の厳しい現実<必読>婚活成功の4ステップ

40代女性を取り巻く婚活事情は年々と厳しさを増しています。人間というのは、常に「今の自分」を基準に考えてしまいがちですが、アラフォー女性の婚活というのは、時間が経過する分、婚活する条件の厳しさが増す事を忘れてはいけません。ここでご紹介する事をすぐに実践して結果を出して行きたいですね。

ステップ1 アラフォーの現実を受け入れる

まずは自分がアラフォーである事を受け入れるという事が大切です。「この色のほうが、若く見える?」とか、「どうやったら、20代の時の様な肌に戻れるかしら?」など、気持ちはわかりますが、自分を若く見せる努力ばかりに力を注いでいませんか?残念ながら婚活において、若く見える事に何の価値もありません。男性は、実年齢しか興味がないのです。いくら若く見せる努力をしても、今から20代に逆戻りはできません。婚活をスタートさせるスタンスとして、しっかり「自分がアラフォーである」という現実に向き合わないとアラフォーの婚活はスタートできません。

ステップ2 20代、30代の女性を相手に戦わない

「比較的、若く見られるから大丈夫!」などと言って、20代、30代が参加する婚活パーティーに行っていませんか?最初から自分より若い子が参加する婚活パーティーには行ってはいけません。行っても心が折れて婚活に対するモチベーションが下がるばかりです。20代、30代と戦う必要はないのです。あなたの魅力が最大限に発揮される婚活方法がきっと見つかるはずです。

ステップ3 アラフォー女性はどの年齢層から求められているか知る

アラフォー女性は、自分のターゲットを同年代、つまり40代だと勘違いしています。しかし、実際には、40代の男性は40代の女性を求めていないのです。下のグラフを見てもわかるように、40歳を過ぎた男性も結婚相手に求める上限年齢は40歳を超えません、最大譲歩でようやく40歳を超える程度なのです。一方で下限年齢は25歳と、下限と回答しながら本音は25歳の女性と結婚したいと思っているのが事実ではないかと思います。

nennreihyou

出典:婚活にまつわるデータ/本より詳しいオトコのホンネ&婚活の実態 – 株式会社メディア・マーケティング・ネットワーク

では、一体、どくれくらいの年齢層から求められているかと言うと、48歳から53歳くらいの男性が35歳から45歳の女性をターゲットにしているとのデーターがあります。「えっ!53歳!!!そんなおじさんは嫌!」という声が聞こえて来ますが、これが現実です。

dannseikibounenrei

出典:まじめな婚活サイト-エキサイト 婚活

ステップ4 アラフォー婚活の戦略とは

アラフォー女性で結婚を急いでいる方へおススメの戦略は、ズバリ結婚相談所に入会です。結婚相談所は自宅か会社に近いところにあるところから資料請求してみましょう。その資料の中から気になったところに無料コンサルティングを申込み、カウンセラーの人柄を見て、「この人となら活動できる」という人を見つけない限り入会するのはやめておいたほうが良いと思います。サイトの口コミもある程度参考にはなりますが、やはり人間ですからお互いの相性というものが存在する以上、ご自身の目で決めた方が良いと思います。結婚相談所も婚活サイトもそうですが、次のようなポイントに注意して下さい。

①写真はプロカメラマンに依頼する

プロフィール写真はとても重要です。スマホで自撮りした写真ではなく、しっかりと自分らしさの伝わる服装で、できれば外で撮影をするのがお勧めです。スタジオ写真でもかまいませんが、自然光で撮る写真の仕上がりは、やはり格別です。費用も思ったよりかかりません。「ロケまでして・・・」と思うかもしれませんが、アラフォー婚活を成功させるためには、拘るところはしっかり拘りましょう。

②プロフィールはしっかりと考える

身長・体重など、基本的な情報は別として、それ以外の趣味や休日の過ごし方など、「この人なら価値観が合いそう」と興味を持ってもらうような工夫が必要です。「お酒は少々」などという表現は避け、「お酒はワインなら2杯くらい」などと具体的に相手があなたの事をイメージしやすいような表現を心掛けます。趣味も「映画」と書くより「最近見て感動した映画、〇〇」のほうが、あなたの人となりがわかり易いと思います。「趣味は料理」ではなく、「趣味は究極のカレー作り」などと一番得意な料理を書くと良いと思います。 但し、偽りにならないようにしないと嘘つきのレッテルを貼られるので要注意。 このプロフィールを書く事に時間を割く事は実に重要で、いざ、紙に書き出すと、趣味は映画と書いておきながら、もう半年も映画に行ってなかったり、得意な料理と聞かれても、思い浮かばなかったりするので、自分自身を振り返る機会にもなるのです。

また、ネガティブな情報をあえて載せるせる必要はありません。「納豆は絶対に食べれません」などという嫌いな物、事を敢えて載せず、載せても「納豆は未だに克服できない唯一の食べ物です」的な表現が良いでしょう。いずれにしても、淡々とプロフィールを書くのではなく、ひとつも、ふたつも工夫をして、相手からより自分に対して興味を持ってもらうプロフィールを作りましょう。

③ペットについても記入を忘れずに

最近は独身の男性でも犬を飼っていたり、ペットは家族同然と言う人が増えている反面、アレルギーなどを抱えている人もいるので、動物に関する表記もわすれないようにしましょう。また、現在飼っていなくても、将来動物を飼いたい、という希望があれば記載ましょう。ただし、ペットありきの結婚生活と取られないように表現を気を付けましょう。

④自分から選ばない

一度にたくさんの男性の写真やプロフィールを見る事ができます。たくさんの男性を見ていると、自然と今見た人より更に良い人を探します。次には、更に良い人を探します。そうして行きついた男性は、どの女性からも人気のある「見た目・年収・プロフィール」を備えているので、競争が激しくなり、会える確立がかなり難しくなります。お見合いや、マッチングを申し込んでも、断られてしまうので、会う前から心が折れてしまうのです。 一方で登録して、お見合いやマッチングの申し込みが来る男性の中から、会って見たい男性を選ぶのであれば、その先、交際に進むかどうかは別として、会う事は必ずできるのです。

ただし、アラフォー女性にお見合いを申し込んでくる男性は、想像以上に年齢が高いかもしれません。このように、申込みが来る男性=あなたが今、結婚相手として考える「層」だという事を理解して下さい。間違っても年下からの申し込みはありませんし、同年代もありません。「申し込まれた中から選ぶ」の原則を守る事が結婚への近道なのです。

アラフォー女性の結婚相談所を利用した婚活

結婚相談所一本で婚活する事をお勧めします。アラフォー婚活は非常にハードルが高い事を書いて来ました。それは事実ですが、「どこで婚活するか」という事をきちんと理解していない女性が実は多いのです。ここ数年、結婚相談所へ登録する男女は急増していて、年齢層も様々ですが、間違いなく40代と結婚したいと思っている男性は必ず存在するのです。現在、弊社が加盟している日本結婚相談所連盟には全国に57,235人が登録しており、毎月2,000人を超える人が新たに入会して来ます。会員数の増加は婚活する方々の選択肢を増やし、より自分に合ったお相手を探す事に繋がっています。それを示すように、会員数の増加と共に、成婚数も増加しています。(2014年成婚者3,872人、2015年成婚者4,512人)

上記で書かせて頂いた、写真やプロフィールの作り方を他の女性に負けないくらい注力し、(嘘はいけませんが・・)男性が「是非、この女性と会ってみたい!」と思わせる事、そして選ばれた中から選ぶの原則を守れば、必ず良い結果に結び付ける事ができると思います。また、結婚相談所では、お見合いをして、お互いが気に入れば、「交際」というステータスに進みますが、俗にいう恋人同士になるのではなく、結婚相手として相応しいかの見極め期間なので、複数交際もOKなのです。(条件はありますが)複数の結婚相手候補の中からあなたにとって相応しい相手を同時に見極めることができるので、じっくりと、かつ最短で生涯のパートナーと出会うことができるでしょう。

まとめ

厳しいアラフォーの婚活事情を考えると、あなたは既に結婚相談所へ入会されるのが一番の近道であるとお気づきではないでしょうか。上記で、男性が結婚相手に考えている年齢の上限が45歳だったように、アラフォー女性には時間がありません。結婚相手の対象年齢が自分よりなかり年上だという事を理解しがたい女性もいるかもしれませんが、女性に対してとても優しかったり、預貯金に余裕があったりと、悪い点ばかりではありません。今一度、ご自身の考え方を振り返り、気持ちも新たに婚活に向かいませんか!

 

婚活seedを運営するのは

結婚相談所《花婚活RosyPosy》は、日本結婚相談所連盟(IBJ)の正規加盟店なので、安心・充実の結婚へのサポートを受けることができます。

習い事感覚で自分磨きをしながら婚活ができる結婚相談所です。