スピード婚する人の特徴。結婚相談所に入会して3か月で結婚

結婚相談所に入会したのに、お見合いできずに、心が折れて退会する人と、入会してすぐにお見合いをして、そのまま交際に進み、3か月後にあっという間のスピード婚という方の二通りがいます。なぜ、同じように婚活しているのに結果が違うのでしょうか。実は、この二人には大きな違いがあるのです。

スピード婚する人と結果が出ない人のそれぞれの共通点

結果を出せない人の共通点とは

結婚相談所に入会して婚活する上で、とても重要な事が1点あります。それは「選ぶ」のではなく、「選ばれる」事なのです。選ぼうとする人は、自分のスペックも顧みず、高い理想の相手にお見合いを申込みます。

例えば、男性で多いケースですが、自分の年齢と関係なくひとまわり以上も年下の若い女性へ、お見合いのお申込を行います。50代の男性が30代前半の女性ばかりにお申込するケースも多いです。そして、その50代の男性は、40代の女性からの申込みには見向きもしないのです。一方、ひとまわり以上年上の男性から申し込まれた女性からすれば、職業や年収など近しいプロフィールでれば、少しでも自分の年齢に近い男性の申込みを受けるのも自然な傾向です。

結果を出せない女性のケースで言えば、年収を高望みする傾向にあります。

男女共に結果を出せない人の共通点として、結婚相談所へ入会し、今迄では出会うことが出来なかったお相手と出会える可能性が高まった事に夢中になり、お相手の条件ばかりみて、どんどん理想が高まってしまう点です。

相手を「選ぶ」ことばかり考えて、「選ばれる」ことを忘れてしまうと、せっかくのチャンスを棒に振ってしまいます。必ず、あなたを選んでくれるお相手がいます。選ばれる努力をする自分磨きも、大切な婚活です。

スピード婚する人の共通点とは

ご担当させて頂いた30代半ばの女性のケースです。いつもの通り初回のカウンセリングでは、「選ぶのではなく、選ばれる事を意識しましょう」と婚活の意識の確認を行いました。システム登録が済むと、嬉しいことに、すぐに1人の男性よりお見合いお申し込みがありました。早速、その方とお見合いをお受けすることになり、その段取りを先方の相談所様と行っている間にも、10数人からお見合いの申し込みが来ました。その時点で、ご自身からお見合いのお申し込みは1件もしていませんでした。

その女性はご自身の想像以上にお見合いのお申込があり驚いたそうで、他に申込みがあった男性とお見合いしたほうが良いか、ご相談がありました。

「結婚相談所としては、たくさんお見合いして頂いたほうが、お見合い料が増えるので良いのですが、個人的には、複数の男性と短期間に会うと、それぞれ良いところ、悪いところがありますから、誰と交際したら良いか、迷う元になります。ですから、まず、この男性とお見合いして、その後、どうするか考えましょう」とお伝えさせて頂き、彼女もそのアドバイスを素直に受け入れて下さいました。

お見合いが終わると、「想像以上に良い方でした、楽しかったです!」という報告がありました。それを聞き、「では、早速、交際希望を先方に伝えましょう」とお勧めする私に「えっ!もう交際しちゃうんですか!」と戸惑いの言葉を発しましたが、「そうですね、これもご縁ですから」とすぐに納得されました。

女性は、減点方式で男性を判断する傾向があるうえ、慎重なので、良かったとしても「良い」となかなか自分で判断されないケースが多いのです。2人で会う機会を重ねていかないと、本当に結婚相手に相応しい男性なのかわかりません。一度目でダメな理由がないのであれば尚更、交際してみることをお勧めします。

早速、先方の結婚相談所に交際希望の旨を連絡し、二人は交際に入りました。

2か月が経過し、月に一度のカウンセリングに来店された彼女はウキウキでした。「とても大切にしてくれているのが、すごく良くわかり、よくデートしています。ドライブも楽しかったです!」と順調な報告、「まるで、運命の人と出会ったようです!」という彼女に、私は「そこまで気持ちが盛り上がっているなら、真剣交際をする旨、先方の結婚相談所に伝えましょう、あとは、彼からのプロポーズ待ちですね!」とお伝えさせて頂き、彼女もそれを望みました。

そして、真剣交際へ進んだ二人は、すでに結婚について具体的な話題が出ているようです。おそらく、近々、男性から女性にプロポーズし、二人は成婚となるでしょう。入会して3か月未満のスピード婚です。

このように、短い期間で結果を出す人の共通の特徴は、

素直

コンシェルジュのアドバイスを受け入れてくれます。
「私は違います」や「私はそう思いません」などのネガティブ発言はありません。

 

謙虚

「私のような人間を選んでくれた」という謙虚な気持ちがあります。

 

ご縁を信じる

「もっといい人がいるかもしれない」などと思わず、「この人が運命の人なんだ」と素直に思える。

勿論、今回の二人は、価値観が同じだった事や、お互いが一緒にいて楽しいなど、そういう要素があってこそのスピード婚ですが、人間、誰でも長所、短所はあります。婚活がうまく行かない人は、他人の欠点探しをして、もっと良い男性が現れるかも、と永遠に理想の男性を追いかけ続けて、自分の前に現れた運命の人を見逃しているのです。

まとめ

男性100人と会っても、それぞれ長所・短所があり、結果として迷ってしまうものです。結婚相談所に入会すると、システム上でたくさんの男性のプロフィールを見る事ができるので、人間の心理として「一番、いい人を見つけたい!」という気持ちもわかるのですが、今回の会員さんのように、「ご縁を感じる」と思える心が大事なんだと、私も気づかされました。 彼女ももっと、他の男性と会ってみたいという気持ちがなかった訳ではありませんが、私がアドバイスさせて頂いた「まず、この男性をしっかり見極めてから考えましょう」の方針を素直に理解してくれたのも良かったのだと思います。

 

婚活seedを運営するのは

結婚相談所《花婚活RosyPosy》は、日本結婚相談所連盟(IBJ)の正規加盟店なので、安心・充実の結婚へのサポートを受けることができます。

習い事感覚で自分磨きをしながら婚活ができる結婚相談所です。