婚活が上手く行かない女性には理由あり、ここを変えてみよう!

「どうして上手く行かないんだろう・・・」婚活中の女性なら、なかなか思うような結果を出せずに悩んでしまった経験は多少なりともある筈、しかし、その「上手く行かない理由」を掘り下げて考えてみた事はありますか?実は多くの女性がこの理由に気づかず婚活を続けているようです。実は婚活が上手く行かない女性には共通点があります。ここでは、そんな共通点についてお伝えさせて頂きます。

自分の現状分析が、はっきりとできていない

あなたは、今の自分を本当に知っていますか?婚活が上手くいかない女性の多くは、「相手を選ぶ」ことばかりに気を取られています。しかし、同様にお相手もあなたを見定めているのです。今の自分を知る事で、やるべき努力目標は見えてくるものです。まずはしっかりと今の自分を知りましょう。自分は今何歳?、あなたの年収は?、仕事は?、いつまでに結婚する?(したい?)、子供は欲しい?(何人ほしい?)今の自分を知らないままで婚活をするので、自分に合わない婚活方法をしているので、上手く行かないのです。

婚活をするには、何かしらの手段を選びますよね。結婚相談所に登録、婚活パーティーの足を運んでみる。婚活サイトに登録する。婚活方法は人それぞれですが、自分に合う婚活方法を選んでいない人は婚活がうまくいかないのも納得です。

ワイワイするのが苦手な人が婚活パーティーに行っても成果はないでしょうし、人の意見を受け入れるのが苦手な人が結婚相談所に行ってもアドバイザーさんと対立してしまうかもしれません。

出典:婚活がうまくいかない理由とは?婚活に疲れた時にやめる事、変える事はコレ | pairs(ペアーズ)

戦略的な婚活方法ができていない

自分の現状分析ができていないため、自分には本当はどんな婚活方法が良いのかわからず婚活している可能性があります。「友達から誘われたから参加する」など、婚活方法選びを他人任せにしていませんか。特にアラサー、アラフォー女性は、自分より若い子が多く参加している婚活パーティーに行く事自体、時間とお金の無駄なのです。男性は20代の女性を一番のターゲットにしますから、婚活パーティーで全員の自己紹介が終わり、フリータイムになると、その20代の女性達に男子が群がります。男性達と会話が盛り上がる20代の女性達を横目に見ながら、アラフォー女性の塊ができているパーティーを良く見かけます。

自分がどんな性格なのかを見極めましょう。自分の力で結婚相手を探したいならば婚活パーティーや婚活サイトがおすすめですが、恋愛経験が全くない人は結婚相談所でサポートを受けながら婚活をした方が良いでしょう。

出典:婚活がうまくいかない理由とは?婚活に疲れた時にやめる事、変える事はコレ | pairs(ペアーズ)

お相手に求める条件が厳しい

「類は友を呼ぶ」と言いますが、日常生活の中の身近な友人も、自分と価値観が近いから気が合うので、友達としてお付き合いしているでしょう。その自分の価値観というものは、自分の生まれ育った境遇も含めて長い時間をかけて出来上がったものです。自分自身を知るという事は、その価値観も含めて自分を知るという事になります。そこでわかった自分の価値観は、結婚相手たる男性も近いほうが、カップルになり易いものです。

婚活中の女性がなかなか幸せを掴むことができない理由の一つとして、理想が高すぎることが挙げられるでしょう。容姿や職業、性格も細かく条件があり少しでも外れると結婚相手の対象外。そんな女性は結婚が遠ざかってしまうのも無理ありませんね。

お相手に求める条件を、一度紙に書き出してみましょう。可視化することによって譲れない条件を明確にできるはず。自分が男性に求めている事を知ると、婚活の場でも理想のお相手と出会いやすくなるでしょう。

出典:婚活がうまくいかない理由とは?婚活に疲れた時にやめる事、変える事はコレ | pairs(ペアーズ)

理想年収500万円以上の女性は全体の63.0%で、未婚の20~49歳までの男性のうち、年収500万円以上は7.7%ということは、男女が1000人ずついたとして500万円以上を望む女性は630人。対して500万円以上の男性は77人です。

630人の女性で77人の男性を取り合うということは単純に考えても競争率8倍です。
また実際に競争をして周りのライバルに勝てる女性はより若い傾向にありますし、年収の高い男性の多くは40代>30代です。ここでマッチングのシーンを想像してみると40代の男性と20代~30代前半の女性のカップルのように歳の差がある男女が見えてきます。

ただ40代で婚活をしている男性はどこか性格的に奥手か、もしくは遊びまくっている男性も多く、そういった男性を排除して考えても500万円以上の対象は減るばかり。
狙えるターゲットはどんどん少なくなり、ライバルの若い女性に勝つことがアラサー、アラフォーの未婚女性に求められるというのはかなり厳しい現実があると言えます。

こうなると競争率8倍どころの話ではなくなります。それでも500万円以上の男性を狙うとなるとかなり戦略的な婚活をしなければなりません。

出典:年収500万以上の男と結婚する為の戦略 | NO:712 | 【やさしい婚活の教科書】結婚したいが出来たに変わるブログ

過去の恋愛を引きずっている

過去に長く付き合っていた男性がいて、結婚に至らず、別れてしまった場合など、前彼の良いところばかり記憶に残り、出会った男性と前彼を比較してしまいがちです。過去を振り返らず、前を向いていないと新しい出会いは見つかりにくいでしょう。

30歳で結婚せず、未婚のままでいる人の中には、辛い恋愛経験があってそれを払拭できないまま30歳を迎えてしまったケースがあります。

長年付き合ってきたのに、急にフラれたということもあれば、浮気をされたショックで相手のことを信頼できなくなってしまった方もいらっしゃいます。

長く濃い恋愛であればあるほど、失った時の傷は深いものです。そんな時は、傷ついた恋愛についてとことん分析してみましょう。忘れられない恋愛経験ほど、ひとつの記憶を増幅させてしまいがちです。

相手の良いところばかり記憶に残っていたり、傷つけられた行為だけが記憶に残っていたりします。だからこそ、冷静にひとつひとつを分析して客観視することが大切なのです。

出典:30歳独身の「結婚」「恋愛」「婚活」事情と現状解決方法

実年齢より若く見られる事や学生時代にモテた事を売りにする

相談にいらっしゃる女性の中に「私、同じ年の女性より、若く見られるんです」という方がいらっしゃいます。婚活において、若く見られるというのは、一見有利な事と思いがちですが、全く関係ありません。若く見られようと、老けてみられようと、男性の関心は「実年齢」なのです。男性は「丈夫な子供を産んでくれるか」という点に拘ります。従って、若く見られるという事は、全くポイントにならないのです。また、「学生時代には結構モテたんですよ」という女性も、過去モテたけど、今、婚活で苦労している訳で、なんのポイントにならないという事を理解して下さい。概ねそういう女性はプライドが高く、「私のお相手はこの人じゃない」と勝手に決めつけているので、婚活が上手く行かないのです。

「私は30歳だけど、人より若く見られます。学生時代はかなりモテました。そんな私が30代後半の人とお見合いなんて釣り合わない」

あーあ、かなり末期症状かも。いくらハイスペックでルックスに自信があっても、昔モテた経験があっても、自信過剰な意識や言動ばかりが目につくと、好感度はどんどん下がってしまいます。

だってそうでしょ? 今のままのあなたが魅力的で素敵な人ならば、婚活なんてしなくても、すぐに相手が見つかるはずですよね……。頑固すぎるプライドは、婚活にとって無用なもの。ぜひ、他人の目線で自分がどう映っているのか、知ってほしいと思います。

出典:早く気がついて!婚活がうまくいかない人に共通する4つの要因

考え方がネガティブ

「婚活が上手く行かないのは、パーティー主催者のサービスが悪いから」「もっと、私に合う男性を揃えてよ」「どうせ、私なんて・・・」など、人のせいにしたり、ネガティブな女性は婚活が上手く行かない典型的な人です。逆に明るく、いつも笑顔で、失敗しても言い訳せず、常に前向きな女性は結果を出しています。

婚活は、どちらか一方が「いいな」と思っても、向こうから断られてしまったり、その繰り返しです。なかなか自分の想いが届かなかったり、相手から断られてばかりいると、どうしても「どうせ自分なんて~」「もう傷つきたくない」とネガティブになりがちです。気持ちはとてもわかりますが、いつまでも後ろを振り向いてはいられません。

「今回はご縁がなかっただけだ」と気持ちをさっと切り替え、次のチャンスに向かいましょう。

出典:早く気がついて!婚活がうまくいかない人に共通する4つの要因

まとめ

当たり前に結婚ができる時代では、なくなりつつあります。やみくもに婚活し、疲れ切ってしまうより、より戦略的な婚活を行う事で時間もお金も節約したいものです。結婚相談所に登録し、気の合うコンシェルジュと出会う事ができれば、プロに戦略的な婚活をアドバイスしてもらえる筈です。この戦略的婚活というキーワードが気になった方、お気軽にご相談下さい。

 

婚活seedを運営するのは

結婚相談所《花婚活RosyPosy》は、日本結婚相談所連盟(IBJ)の正規加盟店なので、安心・充実の結婚へのサポートを受けることができます。

習い事感覚で自分磨きをしながら婚活ができる結婚相談所です。