「結婚したい!」が口癖、危険な結婚したい症候群の恐怖とは

「結婚したいの!」が口癖の女性、あなたの周りにもいますか?この「結婚したい症候群」とても危険です。何が危険かと言えば、結婚したいのに、結婚できない状態に陥ってしまうからです。ここでは、結婚したい症候群の女性の特徴と、結婚したい症候群にならないための方法をお伝えさせて頂きます。

結婚したい症候群とは

ズバリ、「将来の夢はお嫁さんになる事」という女性です。結婚したい症候群の女性は、「結婚願望」というより、結婚への強い憧れを持っていて、「素敵な人と出会って、熱烈な恋愛をし、ロマンチックな場所でプロポーズされて、結婚、子供は二人、そしてみんなで幸せな家庭を築くの・・・」などという夢を持っていたり、語っている人の事を言います。こういうタイプの女性は恋愛や結婚を扱った映画やドラマが好きで、ヒロインに感情移入したり、結婚の予定もないのにゼクシーなどの雑誌を最新号がでるたびに購入し、「結婚式はどこでしようかな?」などと妄想する事を楽しみにしているのです。

結婚を夢見る毎日、友人から結婚式の招待状が届いた日には羨ましくてしょうがない、結婚出来ていない自分は不幸…こんなふうに結婚したい症候群を患って、毎日を幸せに過ごせていない女性は多くいます。

出典:結婚したい症候群から抜け出す、3つの手順!

 

彼がいる「結婚したい症候群」の女性が陥る危険

とにかく、早く結婚したいので、デートの時も、ついつい彼にプレッシャーを掛けてしまう。あまりプレッシャーを掛けすぎると、さすがに彼もドン引きして、最悪の場合、振られる可能性もあります。

ステキな恋人がいるものの、結婚を意識しすぎるあまり、彼にプレッシャーをかけてしまうという女性もいます。「いつ結婚してくれるのだろう」ということが頭から離れず、いつの間にか恋愛を楽しむ余裕がなくなってしまっては残念ですよね。これみよがしに結婚雑誌を読んだり、羨ましそうに友人の結婚、出産の話をしたり、親に会わせようとしたりして結婚願望をアピールする人もいますが、あまりに度が過ぎると彼にドン引きされてしまうかもしれません。彼がプレッシャーを感じているということが分かっているにもかかわらず、ついそうした行動をしてしまうという人は、結婚したい症候群になっているのかもしれませんね。

出典:結婚したい!でもできない女性の特徴やしたいと思われる条件とは | pairs(ペアーズ)

 

「いい人がいたら結婚したい」発言は危険です。

良く「あたし、いい人がいたら、すぐ結婚したいの」という女性がいます。しかし、この発言自体が、既に結婚したい症候群に陥っているのです。こういう女性は、大好きな男性が現れ、熱烈な恋愛の末、結婚というプロセスから抜ける事ができないので、まず最初に「大好きな彼」が現れない限り、結婚できないのです。恋愛の延長に結婚があると考えているので「結婚したい!と思えるほど好きな人が現れるはず」と思っていますが、実際には、そんな王子様は現れません。

心のどっかで『結婚したいと思える人に出会えないかな?』って思っている人は、なかなか結婚どころか、付き合うことにすら躊躇してしまいがち・・・(涙)この人は結婚したいほどすきじゃないから、付き合うだけ時間がもったいない…とまではいかなくても、デートの度にここがちょっと…あそこがちょっと…って完璧を求めるがあ故にだんだん幅が狭くなってきてしまうのよね。

つまり『いい人がいたら・・・』って言っている人は、なかなか結婚できないの。男女ともに、ある程度、年がいっているのにもかかわらず結婚できない人はみんな、『いい人がいたら結婚したい』っていいながら、自分の理想に完璧なロボットを求めているのよねぇ。

出典:結婚できない人の特徴!?男女ともに夢見る症候群にご注意

 

結婚したい症候群の女性は、とにかく受け身

結婚したい症候群の女性は、とにかく全てにおいて受け身の人が多いです。実家暮らしの人が多く、会社に持って行くお弁当も未だに母親が作っていたり、家事もほとんど親任せ、進学も就職も、自分の意思で決めたというよりは、親が進めるままに決めてしまった人が多いのです。その癖、友達から誘いを受けても、選り好みが激しく、行くのか、行かないのかの返信が遅い、または無視、決断力もありません。ですから、婚活でも白馬の王子様を待ち続けてしまうのです。また、せっかく友人が男性を紹介してくれても、「もっと、スペックの高い男性、いないの?」などと、平気で発言してしまったりするので、友人からも紹介も減る傾向にあります。

「恋もしたいし、結婚もいつかはしたいけど、ガツガツ求めるのはいや!自然に出会うのが理想」という夢見る女子もいることでしょう。でも、白馬の王子様が自分からやってきてくれるのを待っているうちに結婚適齢期を過ぎてしまったというパターンはよくあるものです。学生時代に受験勉強をし、就職のために必死に就職活動をするように、自然に身を任せているだけで、婚活の努力をしないのでは結婚が遠のいてしまいますね。

出典:結婚したい!でもできない女性の特徴やしたいと思われる条件とは | pairs(ペアーズ)

結婚と恋愛は別である事を理解して下さい

大好きな彼と熱烈な恋愛の末、結婚、これを否定はしませんが、女性もアラサー、アラフォーになったら、この考えを改めないと結婚できません。婚活は恋人探しではないのです、結婚相手を探すのと恋人を探すのを分けて考えなくてはいけません。

恋愛関係にある男女は、ただ一緒にいるだけで楽しいもの。そこで共有される感情は喜びであり、楽しみです。
一方で結婚には苦労が付き物。子育ても楽しいことばかりではありませんし、日常の家事雑事に追われて、イライラすることもあるでしょう。また家のローンや突然の失業など、金銭的な負担を共有することも考えられます。
喜怒哀楽という言葉がありますが、恋愛は 「喜」と「楽」を、結婚は「怒」と「哀」を共有するものだといえるでしょう。

出典:結婚したい!でもできない女性の特徴やしたいと思われる条件とは | pairs(ペアーズ)

つまり、「好き」という感情より、その男性を「人間」としてどれだけ尊敬でき、また、様々な辛い事も共有しながら、人生を送れる相手かどうかを見極めるのが、結婚相手探しなのです。

恋愛では相手の良いところばかり目に入ります。これは、先ほど紹介した心理にも関わってくることです。人は良い印象を持っている相手に対しては良いところを見つけようとし、逆に悪い印象を持っている相手は欠点ばかりを探す傾向があるのです。楽しい経験を共有する相手であれば、自然と良いところが目に入ることが増えてきます。
一方結婚では、共に生活していくうちに相手の欠点に否が応でも向き合うことになります。お互い人間ですから、完璧とはいかないもの。結婚とは完璧でないもの同士が生涯を共にすること。当然、嫌な部分や許せない部分がでてきますよね。そうした部分を見つけて責めてばかりいては、結婚生活は破綻してしまいます。たまには見ないふりをすることが、結婚には必要不可欠なのです。

出典:結婚したい!でもできない女性の特徴やしたいと思われる条件とは | pairs(ペアーズ)

 

まとめ

結婚したい症候群に陥っていたら、1日も早く抜け出せるように努力しましょう、抜け出すには努力が必要です。自分がどういう男性と結婚したいかイメージを決め、そのお相手のどこまで妥協できるかを考えて下さい。そして、自分自身を良く見つめ直し、変えるべき点は自分から変える、実はここが一番大変です。そして新たな気持ちで、積極的に婚活パーティーなど、出会いの場所に出向きましょう。一人で行くのが不安なら、婚活仲間女性を作り、誘ってみてください。自分自身を見つめ直すのに、自分のどこを直したら良いか、迷ってしまう方は、遠慮せずにLINEでご相談下さいね。

 

婚活seedを運営するのは

結婚相談所《花婚活RosyPosy》は、日本結婚相談所連盟(IBJ)の正規加盟店なので、安心・充実の結婚へのサポートを受けることができます。

習い事感覚で自分磨きをしながら婚活ができる結婚相談所です。