教えて!結婚したい勝ち組20代女性が取っている5つの必勝法

婚活における、結婚したい20代独身女性で勝ち組が取る戦略には驚きました。時代背景を良く読んで、確実な婚活方法で結果を出している女性が増えているようです。一体どんな方法なのでしょう。

勝ち組20代女性が取る戦略とは?

婚活に携わる仕事をしていると、婚活を戦略的に行っている女性が少ないと実感するのですが、最近の勝ち組20代独身女性は、実に戦略的に婚活をしています。それでは、具体的にどのように婚活しているのでしょうか。

1、マーケット分析がしっかりしている

そもそも婚活している20代の女性が少ないのです。正確に言うと、婚活をしていて、「結婚相談所に登録している」女性は、ざっくりとですが15%しかいません。また、多くの男性は結婚相手に若い女性を希望します。

全体をみると年々、男性も女性も同い年くらいのお相手と結婚したいという人達が増えて来ているようですが、それでも年の差で7歳以上を希望する男性の割合に大きな変化はありません。つまり、20代婚活勝ち組女性たちはマーケットの中で自分の希少価値をしっかりと理解しています。わかり易い言い方をすると結婚相談所に登録している女性達の中で競争優位に戦えるという事を知っているのです。

一方、結婚相談所に登録している40代の男性の90%がお見合い相手に20代の女性を希望しています。つまり、20代の女性にはお見合いの申込みが殺到するのです。

2、普段会う事のできない男性層とお見合いできる

20代の独身女性が普段の生活の中で、年上の経営者層や、役員クラスと出会う機会はほとんでありません。経営者層、役員クラスですと当然年収も高く、女性からすると喉から手が出るくらい出会いたいスペックの持ち主ですが、結婚相談所に登録していると、こういう男性と出会えるチャンスがあるという事をちゃんと理解しているのです。

しかも、合コン、街コンで知り合った男性と違い、入会には独身証明や収入証明が必要ですから、経歴や職業、収入に偽りがある事はないのです。

 

3、ゆっくりと自分の希望する相手を選ぶ事ができる

20代で結婚相談所に登録すると、間違いなくお見合いの申込みが「殺到」します。この中から自分が結婚相手に希望する条件に合う男性のみとお見合いする事で、ほぼ自分の希望どおりの相手と会う事が可能になるのです。

4、実はコストパフォーマンスが一番良い

勝ち組20代女性は、合コンや街コンなどは見向きもしません。なぜなら、それらの婚活が結婚への近道ではないと知っているからです。

殆どの若い女性が婚活と称しながら、実際にはそこへ「彼氏」を探しにいっている事に気が付いていません。合コンで彼氏ができても、お相手の男性が結婚を急いでいなかったり、単純に彼女が欲しいだけの場合、それは結婚に近づく結果にはならないという事を理解しています。

仮に25歳で彼氏ができ、5年交際して別れてしまったら、その時は、30歳、希少価値の高い20代はもう、二度と戻って来ないのです。どうやら勝ち組20代女性は、職場の先輩が長年婚活で成果を出せず、たくさんのお金を使っている姿を見て学習しているようです。確かに、一見、結婚相談所は合コンより費用が高く感じられるかもしれませんが、短期で理想の結果を出すことができれば、安いものと思っているのでしょう。

しかし今や、20代の早いうちから相談所に入る女性が増えている。お見合い以外のより安価な婚活には、さらに多くの若い層が参入し始めているようだ。

「今の職場で出会いがあるとは思えないから」(25歳・講師)

「恋愛下手なので、今後恋愛ができるとは思えないから」(29歳・メーカー)

「30代で独身の先輩たちを見ていると、婚活に苦労しているから」(24歳・IT)

などの理由で、20代女性は婚活を始めている。

出典:“モンハン婚”“アニメ婚”なども イマドキ婚活事情 (週刊女性PRIME) – Yahoo!ニュース

5、目的意識がしっかりしている

勝ち組20代女性の多くは、「結婚する」事を明確な目標にしています。リーマンショック以降、男性の年収格差が広がり、理想の男性と結婚するのが難しい時代が来ている事をちゃんと理解していて、20代で結婚する事を目的としています。

婚活に携わる仕事をしていると、婚活をしながらなかなか結果が出せなくて、婚活地獄に陥り、果たして自分は本当に結婚したいのかどうか、わからなくなる女性も少なくありません。しかし、勝ち組20代女性は最初からぶれていません。また、もうひとつの時代背景として、年々未婚率が上昇し始めていて、過去のように「恋愛の先に結婚」という考え方が通用しなくなったという状況もきちんと把握しているようです。

私が結婚や恋愛について取材を始めたのは2005年だが、当時は「結婚よりも恋愛」のニーズがより高かった。「恋愛の先に結婚がある」と素直に信じる人たちが多く、「まずは恋愛を」というムードの中、書店には「モテ本」が並んでいた。

しかし未婚率の上昇が指摘され始めたのと時を同じくして、「恋愛が自然発生するのを待っていては、いつまでも結婚できない」とする考えが広まり、婚活という言葉が生まれ、さまざまなサービスが選べる状況になっている。

出典:“モンハン婚”“アニメ婚”なども イマドキ婚活事情 (週刊女性PRIME) – Yahoo!ニュース

まとめ

確かに、20代女性は結婚相談所に登録すれば、男性からのお見合いが殺到しますが、その先の大事な「成婚」への道のりは、やはり最終的に自分自身がお相手からプロポーズをされなければ意味がありませんね。料理が上手になるように努力したり、スペックの高い男性の話題について行けるように自分の知識も高める努力をするなど、自分磨きは必要不可欠です。

また、肝心な結婚相談所選びも重要です。なるべく、職場か自宅から近いところにあり、親身になって相談に乗ってくれるカウンセラーがいる所を選びましょう。WEBサイトや資料請求だけでは判断しにくい部分もありますから、無料コンサルティングに足を運び、最終的にはご自身で結論を出されると良いと思います。

 

婚活seedを運営するのは

結婚相談所《花婚活RosyPosy》は、日本結婚相談所連盟(IBJ)の正規加盟店なので、安心・充実の結婚へのサポートを受けることができます。

習い事感覚で自分磨きをしながら婚活ができる結婚相談所です。