婚活パーティーでモテる服装は?女性の第一印象はこれで完璧

女性の印象は、ファッションで変わると言われます。婚活パーティーでは、男性にモテる服装で参加したいものですが、いったいどんな服装がいいのか、本当に迷うと思います。この記事では、婚活パーティーで男性にモテる服装についてと、そもそも婚活パーティーとは、どんなパーティーなのかについてまとめました。

婚活パーティーで一番モテる服装はこれ!

結論から言うと、婚活パーティーで一番モテる服装は、ズバリ「キュート系」です。キュート系の服装の女性の2人に1人はカップリングしているというデーターがあります。

次にカップリング率が高いのは、セクシー系、次いで淑女系(キレイ系)、最後にカジュアル系の順のようです。 婚活パーティーの服装の王道と言われている「淑女系」よりも、キュート系のほうが、12%もカップリング率が高いという結果になっています。

婚活パーティーでモテる女性のファッション
1位:キュート系(雑誌:美人百貨,Sweet等)
2位:セクシー系(雑誌:姉Ageha,Glitter等)
3位:淑女系 (雑誌:oggi,miss等)
4位:カジュアル系(雑誌:MORE等)

モテる【キュート系】の服装の方が、実際にどんな服装をしているか見てみると…ベーシックな膝上丈スカートに、華やかトップスを組み合わせている方が多数。全身ではなく、特に目に付く上半身に女性を感じさせる要素を集めるのが、上品にキュート系を着こなすポイントのよう。

出典:実際の参加者を集計!婚活でモテる服装を調べました♪【女性編】

婚活パーティーにみんなはどんな服装で参加しているの?

男性に一番モテるのはキュート系にも関わらず、婚活パーティーの女性参加者の服装を調べたところ、実際に参加者の服装で多いのは、1位「淑女系(キレイ系)」ベーシックな形のワンピースやスカートスタイル、雑誌で言うとoggiやmiss。

次にキュート系、キラキラ、レース、ふわふわ、などキュートテイストを取り入れたスタイル、雑誌で言うと、美人百貨やSweetですね。

その次が、カジュアル、ショートパンツ、ジーンズ、パーカー、コットン素材など、ラフなイメージです。雑誌で言うと、MOREですね。4位はセクシー系で、(谷間、背中出し、超ミニスカートなど)、また、ギャルテイストのファッションなどです。

婚活パーティーの参加女性のファッション
1位:淑女系 (雑誌:oggi,miss等)
2位:キュート系(雑誌:美人百貨,Sweet等)
3位:カジュアル系(雑誌:MORE等)
4位:セクシー系(雑誌:姉Ageha,Glitter等)

実際に、多いスタイルは、ダントツで淑女系!なんと48%の方がこのファッション。これにはネットや雑誌などで「婚活には無難な格好がいい」「派手な服はNG」「結婚相手として意識される上品さが大事」というアドバイスが多いことが一因にあるでしょう。対して、セクシー系は3%のみ。これは予想通りですね。

出典:実際の参加者を集計!婚活でモテる服装を調べました♪【女性編】

参加女性の皆様は、大きな勘違いをしているようですね。一番男性にモテるキュート系の服装よりも淑女系を選びがちなのは、「いかにも男性ウケを狙ってそうと思われたくない」と考える傾向にあるようです。

なぜ、キュート系の服装が婚活パーティーで一番モテるのか

キュート系ファッションの特徴の「ふんわり」「キラキラ」「リボン」「レース」などの女性らしい素材やデザイン、色合いは、単純に「カワイイ」と男性は感じるようです。更に、男性がマネできないファッションなので、女性らしさを感じるようです。そして、その女性らしいイメージから「彼女」「初デート」等のカップルになった際のイメージに繋がりやすく、婚活パーティーでカップリング率が高まるようです。

一方、淑女系(キレイ系)のファッションも女性ならではですが、「デキル女スタイル」「両親への結婚の挨拶スタイル」等のイメージに連想されてしまい、恋愛中のワクワクするイメージにやや欠けるようです。

これで完璧。婚活パーティーでモテる服装アドバイス

キュート系の服装が一番男性にモテることがわかりましたが、では、30代40代の女性のキュート系ファッションとは、具体的にどんなものでしょうか。

30代・40代のキュート系ファッションで気を付けたいこと

当然ですが、20代の真似をしない事です。ファッションで大切なのは、TPOと年相応であることです。30代・40代の女性は、全身でキュート系を取り入れる必要はなく、トップスやデコルテ、顔まわりにさりげなくキュート系のテイストを取り入れることをお勧めします。特に、婚活パーティーの自己紹介では、着席しているケースも多いので、ファッションのポイントを上半身にもってくるといいですね。あとは、袖や手首なども、さりげなくキュート系を取り入れやすく、男性の視線にも入るポイントです。

30代・40代におすすめの素材

レース・シフォン・ニット等のふんわり、やわらかいイメージのもので全体をまとめましょう。

30代・40代におすすめの色合い

キュート系の鉄板カラーはパステルカラー、特にピンクですが、ちょっと抵抗がありますよね。淡い水色や淡いグリーンなどの寒色系のパステルカラーですと30代・40代の女性も取り入れやすいですね。他には、淡いピーチピンクや淡いイエローも、ご自身の肌の色との相性もございますが、得意な色であれば、おススメです。そして、赤も女性らしい印象とお相手の記憶に残りやすい色なのでおススメです。

30代・40代におすすめのデザイン・モチーフ

女性らしいシルエットのデザインがおすすめです。動いた時に「ヒラッ」「フワッ」となるものや、女性らしいラインがでるものです。また、「キラキラ」「パール」などのモチーフが胸元にあるデザインもおススメです。そして、アクセサリーは、顔まわりに揺れるピアスやイヤリング、手首に華奢なブレスレットなどが良いでしょう。しかし、全てを取り入れるのではなく、全体のバランスを大切にしましょう。

NGポイント

過度に派手なアクセサリーやメイク、ブランドのバッグやアクセサリーは避けましょう。お金のかかる女性と思われてしまいます。そして、男性に好まれることが一番大切ですので、参加する婚活パーティーの主旨や会場、参加男性のタイプに合わせましょう。

服を選ぶ基本は、相手にどのように思われたいかということです。例えば真面目で誠実に思われたいならスーツなどの服装で行けばいいし、上品でおしとやかに思われたいなら清楚な服装でと言う感じです。

ポイントと言えば普段よりもちょっとだけおしゃれして行くということ

出典:パーティーに着ていく服装の選び方 | お見合いパーティーに行こう!

印象は服装で変わります。大切なのは「清楚感」「清潔感」。
そして「女性らしさ」です。

出典:【婚活】初心者の為の、お見合いパーティー対策 –

婚活パーティーの服装以外で注意したい点

フォーマルなパーティーと違って、婚活パーティーは将来結婚相手となる男性との出会いの場です。しかし、男性の中には、「まずは、恋をしたい」と思ってやって来ている人もいます。 「ガチな感じがして怖い」と思われない配慮が必要ですね。 勿論、男性も将来の結婚相手をと考えていらっしゃいますが、まずは、いろんな場所にデートに行きたい、楽しい恋が出来そう、と思ってもらえるような振る舞いが必要です。 何より、あなたがパーティーを楽しむ気持ちで参加できると力が抜けて良いかもしれませんね。

そもそも、婚活パーティーって何?

結婚相手との出会いは求めているけれど、「合コン」というとちょっと軽そう、お見合いはちょっと堅苦しい、丁度、その中間くらいに位置するのが婚活パーティーでしょうか。

合コンは、友人が企画してくれます。お見合いは、会社の上司や親戚がとりまとめてくれます。どちらも、その縁を取り持つ「人」が入るので、上手くいかなかったことを考え、その方々へ様々な気を遣いますよね。 その点、婚活パーティーは、企画するのが専門業者ですから、誰にも遠慮せず、上手くいかなかった際は、また気軽にチャレンジできます。 また、結婚相談所と比較して、費用も安く済むのも利点ですね。

但し、優良な運営会社かどうかの見極めは、利用してみないとなんとも言えず、サクラがいたり、身元が確かでない人や既婚者が参加しているリスクもある事は頭の中に入れておいたほうが良さそうです。 何はともあれ、行動しない事には、結婚相手を見つける事はできません。 何回かチャレンジする価値はあるかもしれません。

お見合いパーティーには、どんな種類がある?

1、着席対面型パーティー

最もオーソドックスなスタイル。
座って相手とじっくり話せるので初心者にも好評。最初から最後まで完全に座ったままの完全着席型と前半は異性全員と数分間ずつ話して、後半はフリータイムというスタイルがある。

出典:お見合いパーティーの種類 | お見合いパーティーに行こう!

2、フリースタイルパーティー

その名の通り、自由に話せるスタイル。
特に一人何分までとか縛りがないので、より多くの相手と話せるし、気に入った相手とは時間を気にせずにじっくり話せるので特に自分のペースでやりたい方にはオススメ。大規模なパーティーに多い。

出典:お見合いパーティーの種類 | お見合いパーティーに行こう!

3、1対1お見合い型パーティー

これはパーティーとはいえ、ほぼお見合いそのものに近いスタイル。
小スペースの会場でお食事をしながら一人の相手とじっくり話すので、一番相手のことが分かるパーティースタイルでもある。費用は若干高目の傾向がある。

出典:お見合いパーティーの種類 | お見合いパーティーに行こう!

4、資格重視型パーティー

参加資格に一定の厳しい条件があるパーティースタイル。
主に男性に条件が課せられる場合が多く、年収○○万円以上とか医者・弁護士・大学教員限定という条件付きのパーティーは特に「ステータス系」とも呼ばれ、女性には非常に高い人気がある。

出典:お見合いパーティーの種類 | お見合いパーティーに行こう!

5、テーマ型(イベント型)パーティー

ある決まったテーマで仲良くなるパーティースタイル。
例えば料理やスポーツなどを一緒にやりながら交流を深めていくスタイルなので、会話だけでは生まれない一体感や仲間意識が芽生え自然に打ち解けられるのが特徴。

出典:お見合いパーティーの種類 | お見合いパーティーに行こう!

6、個室型パーティー

参加者の異性全員と個室の中で1対1でお見合いのように話をするパーティースタイル。
2人きりの個室でおよそ10分程度ずつゆっくりとコミュニケーションができるので、会話時間が少ない一般的なパーティに比べ、周りを気にせず深い話ができるため、相手の人となりを理解した上で選ぶことができる。

出典:お見合いパーティーの種類 | お見合いパーティーに行こう!

7、趣味コンパーティー

特定の趣味を持った人限定のパーティースタイル。
例えば「映画好き」「海外旅行好き」「マンガ・アニメ好き」「スポーツ好き」など、特定の趣味嗜好を持った人ばかり集めたパーティーで、一般のパーティーに比べ最初から打ち解けられ会話が弾むので、カップルになりやすい。価値観重視の人におススメ。

出典:お見合いパーティーの種類 | お見合いパーティーに行こう!

婚活パーティーから婚活成功へ気を付けたいこと

婚活パーティーの目的は結婚相手を探す事。 そして、その入り口が婚活パーティーなのですが、婚活パーティーでお相手を探す事だけが目的にならないようにしないといけませんね。 せっかく、婚活パーティーでお目当ての男性とカップリングしても、その後のデートを重ねる時の服装とパーティー時の服装に大きなギャップがあっては、せっかくカップリングしたにも関わらず、残念な結果を招かないとも限りません。 婚活を始めるのをきっかけに、自分磨きの一環として、ファッションにも今まで以上に気を配り、あなたらしい日常のファッションのスタンダードを決めましょう。

また、婚活にはNGとされている「セクシー系」もカップリング率が髙いようですが、これこそ、「恋をしたい、楽しく遊びたい」と男性の願望が現れているような気がします。 もし、あなたが本気で結婚相手を探しているのなら、カップリング率が高いからと言って、セクシー系の服装を選ぶのは避けたほうが無難な気がします。

まとめ

婚活パーティーの服装では、「キュート系」が一番モテるという事がわかりましたね。大切な事は、自分の好みの服装で参加するよりも、男性からどう見られたいかを考慮した服装が良いという点です。さらに、服装だけでなく、ネイルやアクセサリーも派手すぎず男性好みの女性らしさを感じさせる物を選び、しぐさや立振る舞いも女性らしさを心がけるとより効果的です。そして婚活中は、いつどんな時に出会いがあるかわかりませんので、このファッションのポイントは、婚活パーティーだけでなく、普段のファッションから心がけてみてはいかがでしょうか?会社の同僚に、「○○ちゃん、最近、変わったね!可愛くなった、誰かいい人できたの?」と言われたら、嬉しい結果が待っているかもしれません。

 

婚活seedを運営するのは

結婚相談所《花婚活RosyPosy》は、日本結婚相談所連盟(IBJ)の正規加盟店なので、安心・充実の結婚へのサポートを受けることができます。

習い事感覚で自分磨きをしながら婚活ができる結婚相談所です。