知って得する結婚相談所に入会する前に心得ておきたい事3つ

資料請求、無料相談も終わり、このコンシェルジュとなら一緒に婚活できると思える人を見つけ、いよいよ結婚相談所の入会を決めました。勿論、入会した結婚相談所のコンシェルジュも色々とアドバイスもしてくれると思いますが、事前にこれを知っておくと良いと思う項目をお伝えさせて頂きます。

結婚相談所に入会する前に、心得ておきたい事とは

1、相手の条件ばかりに、捉われない

ほとんどの結婚相談所は入会するとシステムに登録でき、所属する連盟(当社はIBJの加盟店です)の会員データーベースを閲覧する事ができるようになります。IBJでは毎月2,000人を超える男女が日本全国で入会していて、その会員数は増加傾向にあります。2016年9月の新規入会者は2,278人、合計で57,235人の男女が全国に存在ます。そのうち35歳から39歳が最も多く、13,689人、次いで40歳から44歳が12,589人となっています。また、男性会員の年収を見ると、500万円から699万円が最も多く、6,844人、国税庁発表の民間企業給与所得者の平均給与は409万円なので、婚活相手を探す上では良質な会員が揃っていると言えると思います。

勿論、プロフィール写真、年齢、身長、体重、続柄、職業なども閲覧できるので、予め自分が希望する条件の男性を探してお見合いを申し込む事ができるのです。誰でもそうですが、「より良い条件の人と結婚したい」と思うものですが、この「より良い条件」ばかり気にすると、当初、「結婚する」がゴールだったのに、「より良い条件のお相手と結婚する」にいつの間にか、変わってしまい、結果としてお見合いができないという事に陥る事が少なくありません。

また、一度、お見合いしても、「もっと良い人がいるかもしれない」と考えると、人間誰でも、長所短所がありますから、一体誰と交際に進んだら良いか、わからなくなり、せっかく結婚相談所に入会したのに結婚する事ができなくなったりします。ですから、ゴールは「結婚する」ここからぶれず、条件ばかりに捉われないようにしましょう。

2、「年収は高いほうが良い」に拘り過ぎない

これも条件のうちのひとつですが、女性は男性の年収を気にする人が非常に多いのですが、年収が高くて、イケメン、こういう男性には、女性からお見合いの申し込みが殺到します。その中から必ず選ばれる自信のある方は、拘って頂いても良いですが、私の経験から言って、なかなか難しいと思います。先ほど書いたようにIBJの男性会員は、比較的年収の高い人が多いので、更にその上の男性を狙うような事をしなければ自然にお見合いができるのではないでしょうか。

3、「将来性のある職業」に拘らない

良く女性が男性に望む職業に「将来性がある」とか「安定している」などを求めますが、一体どんな職業が将来性があるのか、はっきり言ってわかりません。「安定している」なら公務員になるのでしょうが、いずれにしても、人を職業だけで判断するのではなく、価値観が一緒なのか、一緒にいて自然でいられるかなどでお相手を選ぶほうが良いと思います。つまり、お見合いをする前から職業に拘り過ぎると、条件が狭くなり、お見合い相手がみつからない可能性があるので、まずは、会ってみる事をお勧めします。

まとめ

「身の丈に合ったお相手を」という理屈はわかっていながら、意外に自分が当時者になってしまうと見えなくなってしまうものですが、スタンンスとしては、男性を選んでこちらからお見合いを申し込むのではなく、あなたにお見合いの申込みがあった男性の中から、よほど生理的に無理な方を除き、まずは会って見るべきだと思います。そして諸条件よりも人となりを良くみて、「話が合った、楽しかった」と感じたら、迷わず交際に進みましょう。「もっと、良い人が現れるかも」は迷いの元、あなたの目的は「結婚する」ですから。

 

婚活seedを運営するのは

結婚相談所《花婚活RosyPosy》は、日本結婚相談所連盟(IBJ)の正規加盟店なので、安心・充実の結婚へのサポートを受けることができます。

習い事感覚で自分磨きをしながら婚活ができる結婚相談所です。