結婚への近道教えます!結婚相談所を利用した成功のコツ4選!

一見敷居が高く感じられる結婚相談所ですが、上手に活用すれば、短期で結果を出す事も可能です。
もちろん、会員になったからと言って、必ず成婚できる訳ではありませんが、ここでは、上手に活用して成果を出せた方の成功事例を紹介します、

IBJ日本結婚相談所連盟のデータ

ROSYPOSYはIBJ日本結婚相談所連盟という日本最大級の結婚相談所ネットーワークに加盟しています。
ですので、IBJが連盟内で公表している最新(2017年2月更新)のデータを参考に見ていきましょう。

IBJ会員 2017年2月最新

IBJ関東男性 2017年2月最新

30代、40代の女性の対象となる30代後半から50代の男性が約7割以上を占めています。
また、ほとんどの男性会員は、サラリーマンの平均年収といわれる437万円以上の方々です。

友達に「年収500万円以上の男性を紹介して!」というより、とても高確率だとおもいませんか?

たくさんの男性と積極的に会う

せっかく、結婚相談所に登録しても、登録会員の男性の写真やプロフィールを見て、その内容だけで判断し、お見合いを申し込まない女性がいらっしゃいます。
「私は、会ってみなければわかりませんよ!」とアドバイスさせて頂いていますが、「年収が・・」「年齢が・・」と言って、会うこと推しない方は、結果が出しにくいのです。ですから、なるべく多くの男性と会ってみるというのが、早く結果を出すコツです。

また、結婚相談所でお見合いをして、気に入った男性とその後、交際スタートになりますが、もし、複数気に入った男性がいた場合、同時進行もOKなのです!

同時進行と聞くと違和感があると思いますが、相談所を通しての出会いでスタートする交際は、連絡を直接取りあい、2人でデートを重ねて、結婚相手としてお互いの信頼感を築いていくというものです。婚前交渉は禁止されており、マナーを守った交際ですので、ご安心ください。
ですので、積極的にお見合いを申込み、前向きに交際をスタートさせることが、成婚への近道です。

私の場合、断られ過ぎて完全にヤケになって申込んでいました。
お見合い成立率は1割を大きく下回っています。
彼とお見合いする前、活動はかなり難航していました。
でもお見合い後、トントン拍子で成婚が決まりました!

しっかりとサポートしてくれる結婚相談所を選ぶ

やはり、カウンセラーとの相性は重要ですね。また、サポート体制がしっかりとしている相談所を選ぶ必要があります。中には、会員データーから勝手に探してください、という会員任せの結婚相談所があるそうですが、親身になって相談をしてくれる所を見つける必要があります。無料コンサル等で、カウンセラーの人柄は事前に十分見ておく必要がありますね。

アドバイザーは、上手く婚活が進まないときにいろいろなアドバイスをしてくれたり、お見合いを設定してくれるなど、成婚に至るまでさまざまなサポートをしてくれます。

異性と話をするのが苦手だ、どんな相手が自分に合っているのか分らない、など相談所に入会しても上手くシステムを活用することができず、活動ができないという方も少なくはありません。しっかりサポートをしてくれるアドバイザーがいるとスムーズに活動することができます。

出典:結婚相談所の成功例とその成功の4つの秘訣

 

絶対に結婚する、と自分自身に言い聞かせる

結婚相談所に入会して、気に入った男性にお見合いを申し込むと、中には、お見合いそのものを断られる場合もあります。また、お見合いをして、お互いが気に入り、交際に進むも、残念ながら成婚に至らず、同様に断られる事もあります。

やはり、誰しもお断りをされるとショックです。落ち込み、もう結婚を諦めてしまおうかと思ってしまうものです。何も感じない方の方が珍しいです。

しかし、こんな時こそ、婚活を通じて、絶対に結婚する!という自分自身に強い意思を持つ事が大切です。精神論に頼ろうというわけではりませんが、この気持ちがないと次の行動につながりません。人との繋がりはご縁ですので、上手くいかないことが全て自分に非がある訳ではありません。気にする必要がない問題で落ち込み、結婚を諦めてしまうのはもったいないです。

どうしたらよかったのだろう?としっかり自分を振り返り、改善すべき点があったのなら、しっかり認めて改善しましょう。決して、自分を責める必要はありません。改善すべき点が見つかったのなら、次は良くなる証しですね。

こんな時に、結婚相談所の担当者がとても頼りになります。精神的な支えにもなりますし、上手くいかなかった原因や改善すべき点など、冷静に的確にアドバイスしてくれます。

私はプロフィールを見て良いなと思う方とは
全くお見合いが成立しませんでした・・

そんな中、彼は良いなぁと思う方だったので、

お見合い前から「絶対にこれで決めてやる!」
と心に決めていました!

出典:「絶対にこれで決めてやる!」っと心に決めていました!|結婚相談所で半年以内に結婚したい人必見の婚活応援ブログ@東京・自由が丘

 

交際がスタートしたらコミュニケーションの歩幅を合わせる

ある女性が「すごくいい人で申し分ない男性なのだけど、返信がすぐもらえない事だけが気になり、不安です」という理由で交際をお断りされました。返信がないのは問題外ですが「早い、遅い」の基準はいったい何なのでしょうか。

毎日、毎時間、連絡を取りあわないと不安な人もいれば、一日1通程度のやり取りが心地いい人もいます。交際スタート時は、お互いに遠慮してしまうもので、自分のペースに合っていないことを伝えられず、ストレスを感じる方が少なくないようです。思い当たる点はありませんか?

ですので、最初に2人で話し合うことをおススメします。そんな細かいことまで、と思われるかもしれませんが、このペースを決めておくだけで、余計な不安やストレスを感じずに、もっと見るべき相手の本質に目を向けることができます。

  • 連絡の手段・・・TEL、メール、LINE etc
  • 連絡の頻度・・・毎日何通くらい
  • タイミングなどお互いに思うことを話しておく

まとめ

最後までお読みいただきありがとうございます。

幸せな家庭を築くことは、自分自身の行動力に全てはかかっています。

そんな皆様をROSYPOSYは、全力でお手伝いさせて頂きます。

合わせて読みたい

 

婚活seedを運営するのは

結婚相談所《花婚活RosyPosy》は、日本結婚相談所連盟(IBJ)の正規加盟店なので、安心・充実の結婚へのサポートを受けることができます。

習い事感覚で自分磨きをしながら婚活ができる結婚相談所です。