結婚適齢期になってからでは遅い。後悔しない為の婚活スタート時期は

みんなが思う結婚適齢期や最新の平均初婚年齢の統計をみながら、最適な婚活スタート時期についてを考えてみましょう。

平均初婚年齢は右肩上がり

(2017年4月20日 平均初婚年齢のデータを最新に編集)

厚生労働省が発表した平成27年日本の平均初婚年齢、女性は29.4歳、男性は31.1歳です。これは男女共に時代が経過するに従って、初婚年齢が上がって来る傾向にあり、今後さらに上昇するようであれば、日本の少子高齢化に更に拍車をかける要因ですね。

出典:校正労働省 平成27年 人口動態統計月報年計(概数)の概況

結婚適齢期、みんなの意識は意外と若い

独身女性を対象に、男性・女性それぞれの結婚適齢期について聞いてみた調査結果を見てみると、

女性の結婚適齢期、1位は27歳、2位は28歳、3位は25歳、男性の結婚適齢期、1位は30歳、2位は28歳、3位は27歳

引用:男女それぞれに質問!結婚適齢期って何歳?

意外にも厚生労働省の調査よりも若い事がわかりました。 女性の社会進出が進み、仕事をバリバリこなす独身女性の中には、まだまだ、遊びたい、縛られたくない、という意見も多いようですが、やはり大半の女性は、早く結婚して、早く出産したいと考えているようです。

結婚を考えるのが遅かったという意見も

実際に20代後半になり、周りが結婚ラッシュだったり、子供ができて、自分もそういう年齢になったと気づく女性は多いようです。

また、親や周囲の変化から、そろそろ結婚を考えなくては、と気づいたという声も聞きました。 このような声をまとめると、20代前半から何歳で結婚したいと自分自身で決め、早く婚活をスタートさせることが大切ですね。

アンケート調査の結婚適齢期と実際の平均初婚年齢の統計に差があるのは、もしかしたら、結婚適齢期に近づいてから婚活を始める女性が多いのかもしれません。

統計からは読み取れませんが「本当は早く結婚したかったのに、できなかった」という女性もいるのかもしれませんね。

アラフォーの婚活は難しいのか

では、アラフォー女性の婚活は希望が持てないのでしょうか。 そんな事はありません。 より確実な方法、つまり結婚相談所の利用をお勧めします。

・結婚を真剣に考えている人と出会える
・公的書類による入会審査があり、身元の保証がある
・コンスタントに出会いのチャンスが訪れる
・カウンセラーによるサポートが受けられる

ある結婚歴のない50代男性が、相談所に登録したところ、女性から約140件のお見合いの申し込みがあり、そのうち33人とお見合いし、最終的に選んだ女性は45歳の女性でした。 そのご夫婦は、男女ともに実年齢より若々しいお二人で、男性も、20代女性では、話も合わないので、同じ年代の女性を選んだとの事でした。 このように、40代の女性との結婚を求めている男性との出会いは、相談所ならではの話だと思います。

特に、早く結婚したいという女性には、合コン、街コンで、身元が不確かな男性と出会うより、入会審査の厳しい相談所で、ご自身の条件に合った男性を探し、お見合いする事が、一番の近道です。

まとめ

最適な婚活スタート時期について考えてきましたが、結論は「今です」

20代の女性は、「本当はもっと早く結婚したかったのに」と後悔がないように、自分が結婚する年齢をはっきりと決め、婚活をスタートさせましょう。 また、30代女性、40代女性は、合コン、街コンではなく、信頼のおける結婚相談所を利用されることをお勧めします。

 

婚活seedを運営するのは

結婚相談所《花婚活RosyPosy》は、日本結婚相談所連盟(IBJ)の正規加盟店なので、安心・充実の結婚へのサポートを受けることができます。

習い事感覚で自分磨きをしながら婚活ができる結婚相談所です。