普通に結婚できない時代が来た!戦略的に行う婚活方法とは?

日本は今、私たちが想像する以上に色々な意味で厳しい時代に突入していると思います。 誰もが知っている少子高齢化時代ですが、これが一体どういう事か、色々な場面で実感し始めている方は多いのではないでしょうか。 婚活においても、男女共に結婚するのが難しい時代に入っています。 今までと同じ感覚で婚活をしていると、とんでもない結果を招く事もあるかもしれません。ここでは、変わりつつある、日本の現状から、今後の婚活をより戦略的に行うための方法をお伝えしたいと思います。

男性の3人に1人が生涯未婚に

国立社会保障・人口問題研究所によると、生涯未婚率(50歳時点で一度も結婚したことがない人の比率)は直近の2010年に男性が20.1%、女性が10.6%だった。これが2035年には男性の29%、女性の19.2%に上昇する見通しだ。つまり、男性のおよそ3人に1人、女性の5人に1人が生涯未婚者となる。

もちろん、50歳以降に結婚する人も一定程度はいる。だが、ある結婚相談所関係者が「中高年になると、離婚経験がある人の方が結婚しやすく、まったくの未婚という人は男女を問わず敬遠されがち」と打ち明けるように、50歳時点で未婚だと、その後も結婚する機会を得られにくい傾向があるのが現実だ。

出典:「結婚できないの俺だ」日本どうするんだ!!

1998年に始まった日本のデフレ以降、男性の雇用形態の格差が広がり、男性は雇用形態で未婚率に差が出てきました。非正規社員の賃金は、正規の6割程度しかなく、結婚したくても、経済的な理由で結婚に踏み切れない男性が急増しています。

2012年度の就業構造基本調査を基に大卒男性の未婚率を雇用形態別にまとめると、20~24歳の時点では雇用形態にかかわらず95%超が未婚だ。だがこれが35~39歳になると、正社員をはじめとする正規雇用者は25.3%に減少しているのに、派遣・契約社員は67.2%、パート・アルバイトは85.8%が未婚のままとなっている。

出典:「結婚できないの俺だ」日本どうするんだ!!

 

どの男性の層をターゲットにするのか?

女性が婚活で男性に求める条件のうち、「収入」は、第3位と高い順位です。 当然、結婚当初は共働きでも、子供を産んで育てるには、男性の収入で生活できなければなりませんね。 そうすると必然的に正規雇用で、そこそこの年収の男性の層が一番人気となる訳です。

gn-20150706-14

出典:男性22%・女性57%は非正規…就労者の正規・非正規社員率をグラフ化してみる(2015年)(最新) – ガベージニュース

男性の場合、非正規雇用の男性に比較して、圧倒的に正規雇用が多いと思いますが、この正規雇用の男性の35歳から39歳の未婚率は25.3%と非常に低い水準です。一方の非正規雇用の男性は派遣・契約社員で46.9%、パート・アルバイトで85.8%が未婚のままというデーターです。 という事は、正規雇用の25.3%の男性を多くの女性で取り合うという事になります。

年収500万円以上の独身男性と結婚できる確率は?

理想年収500万円以上の女性は全体の63.0%で、未婚の20~49歳までの男性のうち、年収500万円以上は7.7%ということは、男女が1000人ずついたとして500万円以上を望む女性は630人。対して500万円以上の男性は77人です。

630人の女性で77人の男性を取り合うということは単純に考えても競争率8倍です

狙えるターゲットはどんどん少なくなり、ライバルの若い女性に勝つことがアラサー、アラフォーの未婚女性に求められるというのはかなり厳しい現実があると言えます。

こうなると競争率8倍どころの話ではなくなります。それでも500万円以上の男性を狙うとなるとかなり戦略的な婚活をしなければなりません。

出典:年収500万以上の男と結婚する為の戦略 | NO:712 | 【やさしい婚活の教科書】結婚したいが出来たに変わるブログ

婚活は選ばれるための活動

この記事は、多くの20代の女性にもご覧いただいております。 まず、20代の女性に申し上げたいのは、急いで婚活して下さいという事です。 勿論、結婚など、まだ先の事と、お考えの方が多いと思いますが、結婚を考え始め、いざ婚活となると、気が付いたら30を超えていたなどという話は良く聞きます。 今のうちから、何歳までに結婚するという事を決めて下さい、という事です。 結婚には「恋愛結婚」と「お見合い結婚」の2つがあるのはご存知だと思いますが、もし、現在、お付き合いしている男性がいないけれども、結婚するなら大好きな彼と結婚したいと思う女性は、恋活、婚活であなたに合ったパートナーを探すのも良いと思います。 しかし、これにも、期限を設け、それまでに理想の男性と出会えなかったら、お相手探しの方法を「お見合い結婚」に変更するほうが無難です。 なぜなら、お見合い相手として、20代の女性は圧倒的な人気があり、その人気は年齢と共に、段々と下がってくるのです。 「婚活は選ばれるための活動」です。 たくさんの男性からお見合いの申込みが来る20代のうちに、結婚相談所に入会し、たくさんの男性の中からあなたが希望する条件の男性を選べば良いのです。

結婚できない時代が来ている

デフレ以降の経済格差のお蔭で、結婚に踏み切れない男性が増加傾向にある中、女性も男性の収入に拘った婚活をすると、「結婚自体が贅沢」という時代がすぐ目の前に来ているような気がします。高度成長期と違って、間違いなく日本は人口減少のお蔭で、全てのマーケットが縮小傾向にあります。殆どの人が当たりまえに就職し、当たりまえに結婚してきた昔と、結婚するためには、戦力的に計画を立てて臨まないといけない時代に、間違いなく変わりつつあるのだと思います。

現代はとても厳しい情勢です。誰にも仕事があるわけではなく、暮らしていくために十分な収入を得ることも難しいのです。「普通に暮らす」ということがとても難しくなっている昨今、私たちは「仕事」に縛られて生きていかざるを得ません。仕事、そしてそれを通じて得られる収入は私たちの暮らしを支えるものであり、私たちの「すべて」を構成する要素です。仕事に対して優劣をつけることはナンセンスかもしれませんが、「収入」の優劣はつきます。もちろん、収入が多いほうが生活は豊かになりますし、収入が多いほうが将来に対する不安も少ないのです。

出典:結婚できない時代が来ている

まとめ

今から将来に向けての自分の理想の人生設計をしっかりと紙に書き出してみてください。その上で、結婚すると決めた年齢に向けて、どのように戦略的な婚活を行うかの計画を立てましょう。この計画を立てるという行為そのものが、苦手だという女性がいらしたら、是非、ご相談くださいね。誰でも簡単に結婚できる時代が終わりつつある現代で、どう幸せを掴むのか、非常に重要なテーマです。 また、日本は長生きの国になりつつあります。 女性は100歳まで生きる人が増えて来ています。100歳の自分の生活、想像できますか?そこまで見据えた人生設計を細かく立てて行く必要がありますね。

 

婚活seedを運営するのは

結婚相談所《花婚活RosyPosy》は、日本結婚相談所連盟(IBJ)の正規加盟店なので、安心・充実の結婚へのサポートを受けることができます。

習い事感覚で自分磨きをしながら婚活ができる結婚相談所です。