教えて!「年収500万」その生活は?、独身男性の割合は?

婚活中の女性が良く口にする「年収500万」について、ここでは深く掘り下げてみました。知らないと損する「年収500万」のあれこれ、婚活における、これからの戦略にお役立ください。

年収500万の平均的な家庭の生活レベルは?

ご主人が年収500万、奥さんは専業主婦と仮定して、一体どんな生活が送れるのかシミュレーションしてみました。

<年収500万円男の家計簿>
・月収(手取り) 290,000
・児童手当 15,000

・住宅費 105,000
(※ローン返済額9万円、管理費1万5000円)
・光熱費 20,000
・通信費 15,000
・食費 50,000
・日用品 10,000
・生命保険 15,000
・雑費 15,000
・教育費 10,000
・夫の小遣い 35,000
・貯金 30,000

引用:余裕なし! 年収500万円家庭の平均的な生活レベルは? | 日刊SPA!

ご主人のおこずかいは、35,000円、タバコを1日1箱吸う人ですと、残りは21,500円、ほとんど自由に使えるお金はないですね。ちなみに、男性が40歳前後のサラリーマンの奥さんで、働いている女性は約15%だそうです。奥さんが専業主婦の場合、正直、あまり余裕のある生活ではない気がします。

 

年収500万の独身男性は、どれくらいいる?

30代独身男性の割合は実に4.5%です。婚活パーティに参加して、男女それぞれ100人いたとすると、そこに年収500万以上の男性は5人です。一方、男性に対して年収500万以上を希望する女性の割合は22.2%ですから、男性5人を女性22人で奪い合う状況ということになります。婚活パーティーで年収500万以上の男性をゲットするのは、非現実的な事がわかります。

年収400万と500万では、生活がどんなに違う?

1、年収400万の生活レベル

会社員の平均年収は400万円程度。年収400万円というと、年2回のボーナスがあると考えて毎月の手取りは25万円程度になります。

・住宅費 90,000
・光熱費 20,000
・通信費 15,000
・食費 40,000
・日用品 10,000
・生命保険 15,000
・教育費 10,000
・夫の小遣い 35,000
・貯金 15,000

奥さんが専業主婦ですと、かなり節約しないとギリギリですね。スマホの料金プランを見直して、月額5,000円減らすとか、タバコを吸う人はやめる、ボーナスは全て貯金に回すなど、やりくりをすれば、生活は十分可能です。具体的なイメージは

  • 中古マンションなら購入可能
  • 車は中古車
  • 家族旅行は海外旅行じゃなく温泉
  • 子供が2人目が生まれても大丈夫
  • ただし服は格安チェーンストア

というところでしょうか。

2、年収500万の生活レベル

冒頭にシミレーションしてみましたが、年収400万円の生活レベルを維持したら、自由になるお金が55,000円増える計算になります。多くの男性は若い頃から、段々と収入が増えてくると、それに比例して、生活レベルを上げてしまうので、結局、貯金は増えないのです。ですから、結婚前からどういう生活をするかシミュレーションをして、結婚後に男性の収入が増えたとしても、家庭の金庫番として、しっかり管理ができるようになると良いですね。具体的なイメージは

  • 新築マンションをローンで購入可能
  • 子供2人がいても習い事OK
  • 家族旅行は年1回
  • 外食は月1回
  • 服は基本的に価格の低いカジュアルブランド系

というところでしょう。

年収500万で余裕に暮らす工夫

収入の75%で生活するイメージで、残り25%を貯蓄と投資に回したいですね。マイホームに拘るあまり、田舎に家を買うのはお勧めしません。長い通勤で時間を無駄にしますし、車社会で、車なしの生活は考えられず、固定費も増えるからです。子供の教育も塾ありきではなく、オンライン塾を活用し、格安で勉強ができる環境を整えます。お子様の習い事もダンスや水泳などが、あまりお金がかかりません。何より大事なのは、「ちゃんと貯蓄をする」という意思を持つ事です。子供が中学を卒業する時に500万は貯めておきたいですね。

また、限りなく、固定費は削減する努力が必要です。携帯電話、家賃、生命保険など、工夫を凝らせば、結構削減できるものです。生命保険も、貯蓄を考えないで、万が一のリスクだけを考えれば、掛け捨てもありですね。

まとめ

統計で見る限り、年収500万の男性とはお目にかかるのが奇跡のような印象を受けられたと思います。事実、婚活パーティーや合コンで出会うとなると、ほとんど奇跡です。しかし、結婚相談所に登録している男性会員には、年収500万の人は結構存在するのです。弊社が加盟しているIBJでは、なんと半数以上の男性会員が年収600万円以上です。年齢も36~45歳の男性が約半数なのです。「出会いがない」が口癖になっている女性は、魚のいない海で、釣りをしているようなもの、結婚相談所に登録をすれば、すぐに結婚したいという意思を持ち、尚且つ、身元が確かで年収も多い男性がたくさんいるのです。

 

婚活seedを運営するのは

結婚相談所《花婚活RosyPosy》は、日本結婚相談所連盟(IBJ)の正規加盟店なので、安心・充実の結婚へのサポートを受けることができます。

習い事感覚で自分磨きをしながら婚活ができる結婚相談所です。