安心!スピード婚で結婚する場合の結婚準備<基本の3ステップ>

スピード婚で結婚する場合の式までの段取りは

ステップ1お互いのご両親に挨拶を

スピード婚では、段取りが非常に大切です。一番は、上記の後悔しないためのポイントをお互いがきちんとクリアしたならば、次のステップに進みましょう。最初はお互いのご両親への挨拶です。まずは、男性が女性のご両親に挨拶に行き、結婚したい意思を伝えます。出会ってからの期間が短いですから、当然、ご両親は驚かれると思います。

なかには、素直に喜んで二人の結婚を歓迎してくれる場合もあると思いますが、「まだ、出会ったばかりで大丈夫なのか・・・」と不安に思われないよう、準備をしておきましょう。上記で書いた、お互いが計画的に、結婚に対して真剣に考えている事と、人生プランも伝えましょう。その上で、二人の結婚を許してもらうよう話すのがスムーズだと思います。

仮に女性から、「うちの両親は形式ぶるのは嫌うから・・・」と言われても、当日はスーツにネクタイを着用して、きちんとしている印象を持ってもらう事が大切です。決して、女性が「親には軽く挨拶してくれれば良いから・・・」と言われたとしても、その言葉を鵜呑みにしてはいけません。人間、第一印象で全てが決まります。スピード婚でもご両親に安心してもらう事が重要なのです。男性が女性のご両親への挨拶が終わったら、同様に男性が女性を自分の両親に紹介し、結婚の報告をきちんと済ませて下さい。

ステップ2両家の顔合わせ会

両家の顔合わせは、両親、男性、女性が揃って食事会を開催します。高級な店を選ぶ必要はありませんが、個室があり、落ち着いた雰囲気で会話ができるような店を選ぶと良いと思います。当日までに、両家で決めなくてはいけない事を事前にピックアップして、食事をしながら話し合いましょう。

結納はするか、入籍、挙式・披露宴はどうするか、ご両親ともに、顔合わせ会や結納など、それぞれの家の考え方もありますが、何せ、経験をした事がない事ばかりですので、戸惑いもあると思いますが、多くは、男性の家の父親がリードするのが通常です。お父様がリードしにくいようでしたら、予め、お二人が諸々を調べ、お父様がリードしやすいよう準備をします。

昔は、この両家をリードするのが仲人の役目でしたが、現代では仲人自体、やる人がいなくなりました。当相談所でお世話させて頂いた方でしたら、私がサポートさせて頂いています。

ステップ3式場探し・住居探し

次に、結婚式場探しです。結婚式は、ホテル、専門結婚式場、ハウスウエディング会場、レストランが主な業態ですが、それぞれの特徴があります。初めての経験で何を基準に選んで良いか迷うところですが、大切なポイントは、値段だけにとらわれない事です。広告に値引きや、安さを売りにしているところも数多く存在しますが、結婚式・披露宴というものは、二人が大変お世話になった方々や友人たちを招いて、結婚した事のお披露目と、ゲストのおもてなしが目的です。

最近では、「無し婚」と言って、挙式自体をやらないカップルも増えましたが、職場の上司や同僚、友人たちに結婚した事を報告するのも、ハガキだけでは、やはり味気ありません。また、ハガキで通知をもらっても、どんなタイミングでお祝いを差し上げたら良いか、迷ってしまいます。「知っていたら、お祝いしたのに・・・」と残念な気持ちを抱かせないためにも、結婚式はひとつの「けじめ」としてやるべきだと考えます。

休日に二人で下見をし、館内の設備や雰囲気だけを見るのではなく、担当してくれるプランナーの人柄や会場内にいるスタッフのホスピタリティも参考にしましょう。春や秋の結婚シーズンでは、大安の土日は埋まっている可能性が高いので、早めに申し込んだほうが良いと思います。また、住居も、インターネットで候補を調べ、二人で下見をしてから決めましょう。お二人の職場へ便利な鉄道沿線を探すのが良いと思います。

まとめ

上記の3つは本当におおまかな項目ですが、いずれも両家の両親にも細かく報告・相談をする事が大切です。
決めなければならない事があまりに多く、時間も限られていて、少し疲れてしまうカップルもいますが、面倒くさがらず、ひとつ、ひとつ決めて行きましょう。

あわせて読みたい

 

 

婚活seedを運営するのは

結婚相談所《花婚活RosyPosy》は、日本結婚相談所連盟(IBJ)の正規加盟店なので、安心・充実の結婚へのサポートを受けることができます。

習い事感覚で自分磨きをしながら婚活ができる結婚相談所です。