40代女性が一生独身を覚悟する瞬間と生涯未婚女性の特徴

結婚を望むか望まないかは別として、日本の生涯未婚率は増え続けています。結婚を望む婚活中の40代女性にとって、これは他人事ではないですよね。不本意な結果を避けるためにも、40代女性が一生独身を覚悟する瞬間と生涯未婚女性の特徴を知り、理想の結婚を目指しましょう。

驚愕の事実、増え続ける生涯未婚の男女

国立社会保障・人口問題研究所によると、生涯未婚率(50歳時点で一度も結婚したことがない人の比率)は最新のデータ(2015年)によると、男性が23%、女性が14%と過去最高を記録しました。

2010年の同データが男性が20.1%、女性が10.6%であり、生涯未婚者は、上昇傾向です。これが2035年には男性の29%、女性の19.2%に上昇する見通しだそうです。つまり、男性のおよそ3人に1人、女性の5人に1人が生涯未婚者となる計算になります。女性よりも男性のほうが、生涯未婚率の上昇傾向にありますが、女性も確実に一生独身でいる人が増え続けているのです。

50歳まで一度も結婚したことがない人が2015年に男性で4人に1人、女性で7人に1人いたことが、国立社会保障・人口問題研究所の調査で分かった。

引用:朝日新聞DIGITAL 生涯未婚率、男性23%・女性14% 過去最高

 

生涯未婚女性の特徴とは

1、とにかく貯蓄している

これと言って、目的がある訳ではありませんが、なんとなく将来が不安という理由から、普段の生活も倹約をして確実に貯蓄している女性は一生独身になりがちです。友人との外食も控えがちになる為、交友関係もあまり広くなく、また、生活も堅実なので高価な洋服やアクセサリーを買ったりしません。その結果、出会いのチャンスを逃している可能性があります。

2、頭脳明晰で仕事ができる

仕事で何を求められても、そつなくこなし、上司からの信頼も厚い、それ故に自分より能力の高い男性にしか魅力を感じないので、結果的に独身でいる場合が多いです。自分のスキルアップも確実にできますから、益々仕事が面白くなり、会社での地位も上昇します。責任感も強いので、遅くまで残業をしてしまい、出会いの機会はどんどん少なって行くのです。

3、男性に頼らず自立している

そもそも収入も貯蓄もあるので、男性に依存して生活しようと思っていません。当然のことながら、自分より収入の低い男性との結婚は、自分の収入から家庭生活への補てんが多くなるので、そもそも望みません。

一生独身を覚悟した瞬間とは

それでは、どんな時に40代の女性は一生独身を覚悟したのでしょうか?

1、長年付き合った彼氏と別れた時

「長年付き合っていた彼氏と別れたら、もう40代、これから結婚相手を探しても、いい人は見つからなさそう、もう疲れた・・・」(42歳、商社、秘書)など、長く付き合っていた彼氏と別れた時に適齢期を過ぎていたため、独身を覚悟したという女性が多いようです。また、お互い、結婚の約束をしていた訳ではありませんが、長く付き合っていて、「この人と結婚するんだろうな」と思っていたのに、突然、別れを宣告された時という人もいました。

2、一人が気楽と思った時

何も束縛される事なく、全てにおいて、自分に選択の自由がある、休日はいつまで寝ていても文句は言われない、こんな時「一人が気楽」と思ってしまい、一生独身でいいか、と思ってしまうようです。

3、長い婚活が無意味に感じた時

婚活パーティー、合コン、街コン、あらゆる婚活を精力的に行ったにもかかわらず、良い結果を得られなかった、そんな時は、「もう疲れた、一生独身でいいや・・・」と諦めの境地から一生独身を覚悟したパターン。ただし、自ら望んで一生独身を選んだのではなく、結果的に選択せざるを得なかった人もいるのです。

一生独身の女性が覚悟しなければいけない事

1、親に孫を抱かせてあげられない

自分は子供は諦めた、けれども、やはり両親は自分の孫を見たいという希望はありますね。それを諦めさせるのは親に申し訳なく、どうしても引け目を感じてしまいますね。

2、病気になった時、誰も助けてくれない

結婚をしていると、病気になった時、家族が助けてくれますが、一生独身でいると、自分しかあてにできません。今は親を頼りにすることができても、親は自分より先に年を取るのです。自分の面倒より親の介護を心配しなければならない立場である事を忘れてはいけません。

3、孤独死に怯える

今はまだ、40代ですが、間違いなく50代、60代はやってきます。ニュースで目にする、老人の孤独死ですが、自分もいつ、ああなるかと不安を抱えながら生活するのは怖いですよね。そんな事、考えたくない!でも、現実は受け入れざるを得ないのです。

まとめ

実際に60歳、70歳で一人暮らしを想像すると、やはり一生独身というのは不安ですよね。ましてや、長寿大国の日本で女性は100歳まで生きる人も増えて来ます。確かに、婚活に疲れて、もう一生独身でいいや、と決めるのは簡単ですが、その先を考えると一緒に暮らすパートナーは欲しい気がします。男女ともに、60歳を超えて、結婚相談所に入会する人も増えているのも事実です。 勿論、ほとんどの人が婚姻歴があり、死別か離婚をして一人で暮らしている人です。40代独身女性は、この50代以上の男性を対象に結婚を考えるのもひとつの選択肢ではないでしょうか。

 

婚活seedを運営するのは

結婚相談所《花婚活RosyPosy》は、日本結婚相談所連盟(IBJ)の正規加盟店なので、安心・充実の結婚へのサポートを受けることができます。

習い事感覚で自分磨きをしながら婚活ができる結婚相談所です。