30代40代女性が婚活で陥りがちな勘違いを防ぐ4つの方法

自分の時間を有意義に使うことが得意な30代、40代女性は、特に仕事に趣味に充実している人が多く見られます。社会人経験も豊富で、趣味や得意なことを通じて自分を輝かせることもできるのになぜか、「婚活」に関しては上手くいかない、手を出せないでいる、という人が多いのも事実です。実は、そこには30代40代だからこそ、陥りがちな勘違いがあったのです。発想の転換やちょっとしたテクニックで、ストレスのない婚活を始めませんか。

30代40代女性の婚活成功への最短ルートとは?

婚活においては、「下手な鉄砲も数撃ちゃ当たる」といったやり方が推奨されることもあります。しかし心理学的には、繰り返し失敗をする場合、やり方が誤っている点を疑います。そうしたミステイクを繰り返さないためには、目的と方法を明確にしておく必要があるのです。

勘違い防止策①目的の明確化

心理カウンセリングで一番最初に行うのは「目標設定」です。カウンセラーとクライアントが話し合い、何をゴールにするかを決めるのです。目標がはっきりと詳細なほど、具体的な戦略を立てやすく、短期間での終結が見込めます。

「婚活」も目標設定がより具体的なほど、やるべきことがはっきりする点は同じです。「結婚がしたい」という目標から一歩踏み込み、「40歳までに必ず結婚したい」「すぐに彼氏は欲しい。結婚は後々考えたい」といった具体的な目標を立てることで、それぞれに必要な取り組みが見えてきます。

勘違い防止策②方法の明確化

「すぐに結婚がしたい」という人は、結婚に直接つながる取り組みをするべきです。つまり、「料理教室」などのお稽古ごとではなく、お見合いなどの相手の顔が見える動きを取ることです。お稽古ごとをして自分を磨きながら‥だったり、趣味の集まりでいい人がいるかも‥といった展望や期待も決して悪くはありませんが、そういった回り道をしている間に、本来の目的からズレてしまうことが多いのです。必然の出会いにはスピード感が必要なので、「やらない後悔よりやって後悔」の気持ちで、積極的に行動することが吉となります。

「とりあえず彼氏ができてから将来的に結婚を考える」という人は、お稽古ごとや趣味を含めた活動や、出会い系イベントなどに行ってみるなど、色んなアンテナを張るのがいいでしょう。結婚には間接的な取り組みになりますが、様々な活動をしたり数多くの人と出会うことは、あなた自身の糧となり魅力にもなります。

このように、婚活と言っても目的により取るべき行動が全く異なるので、まずは「自分の婚活の目的は何か」について、より具体的に答えを出すことが結婚への最短ルートです。

好みのタイプが理想の結婚相手だと勘違いしていませんか?

30代40代女性だから勘違いしやすい

誰にでも、好みのタイプはありますが、果たして「好みのタイプ=自分にぴったりな人」でしょうか。好みのタイプというのは、実はあなたのこれまでの対人関係が大きく影響しています。対人関係の元となっているのはあなたの家族であり、これまで出会ってきた人達です。その人達との良い体験や悪い体験があなたの中でもみくちゃになり、吐き出されたものが好みのタイプとして出てきます。そこには、これまでの対人関係における反省や希望期待、願望などもつけ加わっているため、その人物像があなたにとって最も好ましい相手とは限りません。

人生経験を重ねてきた30代40代の女性だからこそ、上記のような思考になるのも納得ですね。

婚活成功のチャンスが増える考え方

では、自分にとってぴったりの相手とはどんな人でしょう。それには、自分自身の事をよく知らなくてはなりません。どんな時に嬉しくて何が悲しいのか、人付き合いのやり方や困難な時の対処法など、自分のことは分かっているようで実際には答えられない人も多いものです。自分のことが分かっていると、自然と隣にいる人のイメージも湧いてくるはずなのです。

今まで、自分の好みのタイプにこだわっていたとしたら、チャンスをたくさん逃していたかもしれません。多くの人と出会ってきた年代だからこそ凝り固まりやすい「自分の好みのタイプ」を見直すことで、チャンスは大きく広がります。対人関係はお互いの相互作用でいかようにも変化していくので、視野を広く持ち、色んな可能性に思いを巡らすことで、チャンスは何倍にもなるはずです。

 

婚活で年齢を武器にするには?

30代、40代の婚活をしている女性に取って、年齢を話題にする際、身構えてしまう人も多いのではないでしょうか。一般的に、婚活は年齢が若い方が有利だといった風潮があり、30代、40代の女性は自らが不利であると感じやすいようです。

どんなことにも、良い点と悪い点の両面がありますが、悪いことの方が注目されやすい傾向にあるため、まずは積極的に良い情報を取り入れ、前向きに婚活に挑むことがポイントです。

30代40代女性の婚活で有利な点

30代、40代で婚活をしている女性の良い点は、まず、経済的に安定している人が多い点が挙げられます。社会人経験が長いため、仕事のキャリアは20代女性よりもあり、収入も一人で生活できる分があり、さらに趣味や将来への投資をしている人も少なくないはずです。景気が上向きとはいえ、まだまだ一人で家族を養うのに不安がある男性にとっては、こうした経済面での安定が非常に心強いでしょう。

また、趣味や自分磨きなど、自分の時間を楽しめる30代、40代女性は、他者に依存することはありません。精神的に自立しているのです。この点も、男性にとっては頼もしいことです。もちろん、男性に対して時に甘えたり頼ったりすることもあるでしょうが、気持ちに余裕があるため大きく崩れることがなく、お互いにエネルギーの浪費をしなくて済むのです。「相手のことで頭がいっぱい」というのは、10代の時間も体力もある時期にできることで、仕事が中心の年代では、やらねばなたないことがたくさんあり、無駄な消耗を楽しめる余力はないのです。

このように、経済的にも精神的にも安定している点が魅力の30代、40代女性ですが、これだけではなく、これまで経験してきたすべてのことがあなたを輝かせているのです。良かったことも、悪かったことも、すべて消化してしまえば糧となります。一日でも長く生きている、ということは、それだけ手札を多く持っていることになるのです。

年齢を重ねていることに引け目を感じずに、自分のこれまでに自信を持ってください。そうすれば自ずと年齢が武器となっていくはずです。

婚活で自分を縛る呪いの言葉からの解放

「結婚しなければいけない」は勘違い

「結婚をしなければならない」といった「〜しなければならない」という思考に陥ると、途端に視野が狭くなり、普段の生き生きとした自分が発揮できにくくなります。これは、自分自身を縛り付ける呪いの言葉です。

よく考えてください。一体、世の中にいくつ「やらなければならない」ことがあるでしょうか。そしてそれは本当に「やらなければならない」ことなのでしょうか。

勘違いをなくすと魅力的な30代40代女性になれる

「結婚をしなければならない」としか考えられなかった人が、「結婚ができなくても、趣味や仕事を大切に自由に生きよう」などと他の選択肢を見つけられたとします。すると気持ちに余裕ができ、言動が変わっていきます。

大切なのは、「結婚」という目的はしっかりと見定めた上で、目的以外の選択肢をいくつか持っておくことです。「これができなくても、別の方法がある」と思うだけで肩の力が抜け、自分らしくいられるからです。そうした態度はもちろん相手にも伝わり、「自然体で生き生きとしている」「焦っていなくて落ち着いている」などと、適度に力の抜けた感じが良さとなるはずです。

男性はバッチリのお化粧よりも、ナチュラルなメイクが好印象のように、「抜け感」に魅力を感じます。その際、ナチュラルなメイクの方がテクニックがいることは女性しか知らないことで、男性の無意識下で良い印象を持たれるには、見えないところで工夫をする点が同じと言えます。「結婚」という目的がはっきりし、気持ちも入っているからこそ、あえて行うテクニックです。

まとめ

婚活で陥りがちな勘違いを防ぐ考え方を4つご紹介しました。有効に使い、できるだけ最短ルートで目的にたどり着きたいものですね。