高望みするのはなぜ?40代婚活で知っておきたいこと。理由と対策

結婚や婚活に年齢制限はありません。自分の好きなタイミングで始めることができますし、年齢が高くなっても絶対に結婚できないということはないのです。

ただし、必要以上の高望みをしてしまえば話は別です。

今回はなぜ高望みをしてしまうのか。どこからが高望みなのかについて考え方のひとつをご紹介します。

 

なぜ高望みをしてしまうのか

婚活を始める時、どんな相手と結婚するのかを考えますね。もちろん、自分の人生ですから好きなように考えて良いと思います。

しかし、高望みをしてしまうと結婚出来る可能性が確実に低くなります。特に40代を超えて婚活を始めたり、結婚を意識する方ですと、自分自身のスペックにそれなりに自信があり、経済的にもしっかりとして、人生の経験が豊富な方も多いでしょう。

婚活する時に高望みしてしまう理由としては「自分が選ぶ側」だと勘違いしてしまうことが挙げられます。

会社で言えば人事課で、面接官のような気持ちになってしまうんですね。自分の眼鏡に適わなければ結婚する相手ではないと考えてしまうからです。

婚活と会社の面接の両方に言えることが「相手にも選ぶ権利」があるということです。自分がOK出せば結婚ではなく、双方の同意を持って結婚になるということを忘れてしまうんですね。

高望みをしてしまうと、結婚相談所などでお見合いなどの実際に会う前の段階で婚活が進まなくなります。

自分自身で高い条件のフィルタを作っていることに気が付かないまま結婚できる可能性がある異性と切り捨ててしまう。

ある程度年齢を重ねてくると、社会の仕組みや幸せな家庭に対する情報が自分の中に溢れており、自分が納得できる形でなければ話を進められないことも理由になります。

本人としては高望みしているつもりはない、全く自覚していない状態であるということです。

高望みするということは、高い条件、良い条件の異性と結婚するべきだと考えていることになります。

高い条件、良い条件の異性は高望みする必要はありません。自分に見合った人と結婚するだけなので、わざわざ高望みしている異性と結婚する必要はないのです。

高望みしてしまうもうひとつの理由は自信とプライドの高さにあります。自信とプライドを裏付けできるような経験や経歴は年齢が高くなるごとに積み重なっていくことが原因ですね。

もちろん、自信やプライドはその人を形成する大切な要素ですから、自信やプライドを持つことが間違っているとか、悪い影響であるとは言い切れません。

しかし、心のどこかで「経歴と収入と経験」があると過信してしまえば、例えそれらがきちんとしたものでも異性には悪い印象として伝わってしまう可能性があります。

婚活を始めれば誰でも結婚の初心者です。年齢や経歴がしっかりとしていても、人として異性に対して、見比べたり、見定めたりする立場だと考えながら婚活してしまえば成功する可能性は格段に少なくなります。

年齢が高いからダメと思われないようにすることが大切で、年齢相応の性格や人格、バックヤードのしっかりとした大人と認識してもらうことが必要になることを覚えておきましょう。

どこからが高望みになるのか

実際にどこからが高望みになるかと言えば、自分のスペックに見合わなければ全て高望みです。高望みの意味がわからない時は自分自身を異性に置き換えて、自分自身の条件を客観的に見てみることから始めましょう。

例えば45歳前後で年収1000万円、会社経営、体は健康で趣味も特技もあるとします。異性から見た時、年齢でNGになれば、他の条件が良くてもお見合いやコミュニケーションすることすらできません。

年齢を気にされない方であったとしても、容姿が好みでないとすれば、やはり先に進むことはできません。

気が付いて欲しいのは選ぶ側ではなく、選ばれる側だということです。そして自分のスペックの部分についても、異性から見て魅力的でない部分をカバーできる要素が他にあれば別ですが、年齢に応じて年収がある程度であれば、利用する婚活サービスによっては成功どころか異性との出会いがないまま時間が過ぎることになります。

高望みとは自分のスペックを過信して、求める異性の条件を高くしてしまうことであり、高望みすればするほど、高望みしていることに気が付けないままであればあるほど、結婚できる可能性は少なくなっていきます。

高望みせず婚活で成功するには

最初にお話したように結婚や婚活に年齢制限はありません。言い換えれば、スペックや年齢とは関係なしに、年齢差を気にすること無く恋愛や結婚に発展することも十分に考えられるのです。

30代後半から40代、50代で婚活を始めると全ての人ではありませんが、プライドや自信が必ず備わっています。まずは経験や経歴、年収やスキルによる自信は捨ててしまいましょう。

年齢に応じて手に入るものではなく、自分自身の良さをもう一度知ることが必要になります。それは人柄や性格など数字や数値では表しにくいものです。

何よりも高望みすることをやめることが不可欠です。相手に条件を求めないことで、自分自身にも条件を求められることが少なくなります。

世の中の常識で理想とする異性像を意識することもあるかとは思いますが、そういったものに惑わされずに異性をしっかりと見ることが大切です。

結婚に夢を見ずに、しっかりと現実を見ろという意味ではありません。結婚を自分自身で難しいもの、超えにくい壁にしてしまう必要はないという意味です。

結婚に必要なのは自分以外の異性、他人であり、お互いがお互いを必要とすれば結婚することができます。

自分を必要としてくれる異性と出会うことが40代前後から婚活を始める方に最も必要な考え方ではなでしょうか。

40代前後で婚活をされる方が一番難関だと感じるのは「異性と好きになること」です。高望みをしてしまうということは条件でしか異性を見られないことに繋がります。

年齢問わず婚活される方は結婚すること意識して活動しています。同時に男性・女性という性別の前に「人として」相手のことを好きになること、好きになれることを心のどこかで求めています。

逆に言えば40代前後でしっかりとした収入がある方であれば、生活の基盤となる最低限の条件は整っている異性であり、年齢や容姿も含めてその他の部分で自分の良さを伝えることができれば、婚活の成功と言える「結婚」も決して難しいものではないということを覚えておきましょう。

男女問わず、人のどこに魅力を感じるかは千差万別です。あなたが思いもしなかったような部分に惹かれることもあれば、年齢など関係なしに好きになること、好きになってもらうこともあるのです。

40代前後の方が婚活する時に忘れてはいけないのが「安易に諦めないこと」です。「やっぱり結婚は無理か」というネガティブな考えで婚活するのではなく「良い人を見つけて一一緒に幸せな家庭を築こう」という考え方を持つことで、年齢相応の魅力も伝わりやすくなりますし、何よりも自分自身が楽な気持ちで婚活することができます。

 

まとめ

高望みすることで結婚を乗り越えられない壁にしてしまうのではなく、結婚することを目的として婚活をするという意識を持つようにしましょう。

比べたり見定めたりすることが婚活では必要なように言われますが、自分自身も含めて人間は商品ではありません。

もちろん、好きになれるかなれないかは大切ですから、そういった意味で好みでの優劣はどうしても考えてしまう部分はあります。

結婚するためにはどうすれば良いか。それは自分が結婚したいと思い、結婚して欲しいと思ってくれる異性と出会うことです。

男女の縁は簡単なものではありませんが、誠意や素直な気持ちは必ず相手に伝わります。年収や経歴でない部分で自分で培った「自分の良い部分」を異性に見てもらえるように、そして異性の良い部分を見つけられるような婚活を心がけてみてくださいね。

 

この記事を読まれた方が婚活で高望みし過ぎないように、婚活でしっかりと結婚という結果が出せるように祈っております。

 

婚活seedを運営するのは

結婚相談所《花婚活RosyPosy》は、日本結婚相談所連盟(IBJ)の正規加盟店なので、安心・充実の結婚へのサポートを受けることができます。

習い事感覚で自分磨きをしながら婚活ができる結婚相談所です。